« 単純な私 | トップページ | 1粒で美しい心 »

2015年3月13日 (金)

春の日差しの

清質の時間は誠実な語春の明るくて、あれらの遠くの風景、依然として懐かしんでの日々に落満香り。幸いの縁で、私たちは依然としてあの初心を守っていて、私はあなたの心の中に入って、あなたがずっと私の生命の中で、魂を見てると会わないで、あの愛が増える。一人の時、膠原自生脳裏に浮かぶ迷ってそれらの時に、深い情の涙で、いつもこっそり漫した記憶の土手に、次々とぼやけた瞳。
再会するかどうか、は重要ではない、心の奥の方美丽だけが、最愛の人が独自馨怡、これを懂得と暗黙の瞭解の中では、最高のはお互い慰め?生命の枝を、桃の花がひっそりとしている木は優しくて、ただ期待、あなたの私のように見えるところに、昔のままの私を暖かく見守っ……
愛は、人だかりの中で自然に出会ったのは、雪の野に燃えるのバラは、豊かな森林の中のあの樹菩提。前の道は、剑花を振るように行雲流水ような曲ではなく、平仄の詩は、境地優美、脚を。
あなたに出会って、愛の暖かさに。瞳の中に隠しての暖かさは前世の最も美しい風景は久しぶりに。一樹1の木の花は、愛は、暖かく、ピンクの想い。愛のツルは体中の細胞に枝葉を絡ませ、心と根を下ろして、思う存分ネギ籠。
は1首の离歌、歌った涙が落ち、恋を書いて、骨身にしみる。ときに心は愛の音符に共感し、まるで二本の山奥と同に、喜び、同五寂。時間は、私たちがますます成熟し、従来からの熱烈な執着がいつまで余裕を見锦瑟記つかの間、漫光陰が清寂。だんだん分かって、通渠冷ややかに付き合ってみて、歩くのが遠くてこそ、世の中の最も美しい景色。
君と約束して、春の日差しの下、感じる、三月芳菲、筆先で書く美しい気持ち、一筋のすがすがしい香り、塵揚歳月の交差点で、遊離うららかな春景色。撚り一抹の春景色、掬一掬の真実な感情で、文字を書いての暖かさ、迂回は心の気にする。愛を千載、願ってあなたを伴っている霊の笛、あなたのそばに舞う。願化して舞い落ちて君の手のひらのモモの花一輪の美しい笑顔、あなただけに見せて通渠

« 単純な私 | トップページ | 1粒で美しい心 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2004268/59252372

この記事へのトラックバック一覧です: 春の日差しの:

« 単純な私 | トップページ | 1粒で美しい心 »

無料ブログはココログ